2014年07月16日

国宝と防災のコラボ 開催 その最終

このような企画に本当に人が集まるのだろうか?

心配だったふらふら

そんな心配もどこへいったやらわーい(嬉しい顔)

たくさんの方々にお越しくださいまして、心より感謝申し上げます。

私たちの考える「防災」はやはり一風変わっているのだろう。

なかなか理解を得るのも難しいふらふら

こんな活動、新聞に掲載されたら面白いねと云う言葉に取材を申し入れましたが、
今回もK新聞には取材申込みはスルーされてしまった。
私共の告知が悪かったのだと反省しています。

次回からは他の新聞社にもお声を掛けてみようと言う意見が多く出たので、ダメ元で全国紙にもお声がけしてみようと思う。

でも、今回、「ぼうさい」を学ぶために50名もの方々がご参加頂いたのは事実であり、
ご参加頂いた方々には、「本当の防災とは」に触れる時間があったのではないでしょうか。
「防災を広めること」やはり難しい。
だからこそ、終わりのない活動を目指す。

私たちの活動は、異質・アウトローとも呼ばれている。
でも、全国にご賛同頂いている方々が多いのも事実。
今回もご賛同頂いた方のおひとりには、兵庫県会議員の井上ひでゆき議員もひと声お掛けしただけで駆けつけてくださいました。感謝です。

最後に、
防災とは自分の大切な人を守ること。
その単位があつまる地域は強い絆の地域であり、その強い絆地域が全国に広がればexclamation

きっと、自分の大切な人を守れるexclamation×2

みなさん。
防災ってなんの為にやるのか?
今一度、お考えください。

おわりに
今回、私たちの活動にご賛同頂き、さらには本当に貴重な場所・お時間をご提供くださいました鶴林寺浄心院様・茂渡ご住職様には、心より感謝申し上げます。






posted by チーム防災会 at 18:02| 防災散歩